2012年10月30日火曜日

クサビ緊結式足場作成代行  作成事例

クサビ緊結式足場 作成事例です。


通称 ビケ足場と一般的に言われるのでしょうか?

本来、ビケ足場とは「株式会社ダイサン」の提供する商品ですが、総称でビケ足場となっています。




作成事例はビケ足場ではなく、平和ビルダー材を使用した緊結式足場です。



仮設計画図 平面図


マンションの構造が複雑というわけではないのですが、通常より多く詳細を求められました。
(提出する先の監督署の担当者によっては見方が違いますので)



建地 一本一本の説明が必要な場合もあります。

正直、提出する先、監督署によっては提出したくない…なんて思うこともありますよ。




仮設計画図 断面図

仮設計画図 階段上詳細図
仮設計画図 セットバック各階立面図







2012年10月29日月曜日

構造検討書作成事例

仮設計画図を作成するにあたり同時に構造検討書も作成していますが

構造検討書のみ作成する場合もあります。


例としては

●現場で計画通りに組み立てが出来ず、梁枠開口部と計画していた部位が単管での開口部になった。


●計画図を作成したが検討書は対応できないので作成して欲しい。


●高層で特殊足場を組むので計画前に構造が問題なさそうか判断したい。

やはり一番多いのは計画通りに組み立てが出来ず、特殊な細工をした場合の検討書作成です。




2012年10月25日木曜日

安衛則に基づく墜落防止措置

平成21年に足場仮設に伴う安衛則が改正されました。

建築業者始め仮設業者にはもう当り前です。

しかし工事発注元、地域(労働基準監督署)により仕様の違いが見受けられるのも現状です。




平成21年に発表された法改正をさらに分かりやすく解説している県もありますが厚生労働省から発表されている正式な書類は少ないです。



しかし仮設を取り扱うとなると専門業者ですから今に至っては迷いは少ないと思います。

本年、10月に厚生労働省から安衛則に基づく墜落防止措置についてのリーフレットが配布されています。








安衛則に基づく墜落防止処置

安衛則の確実な実施に併せて実施することが望ましい「より安全な処置」

の2項になっているのがわかります。


仮設計画をご依頼いただいた際、仕様はお客様から指示を頂きますが様々です。

このことから、今まで(法改正後から今に至る)の仕様に変化がある場合があるのではないでしょうか。




納期情報
総合仮設計画図or申請用仮設足場計画図 2~3日
構造物トレース 2~3日
躯体調査・補修図 お問合せ下さい。
道路使用、占用申請図1日~2



Freedom Design office
Computer aided design specialist

〒807-0876
北九州市八幡西区浅川日ノ峯2丁目8-19

原 英信

TEL 093-695-3603
Fax 093-695-3604


2012年10月4日木曜日

枠組 先行手摺 仮設計画図 作成事例

改修工事の発注元が違えば仮設仕様が変わります。


民間の工事ではあまり使用しない(ゼネコン等が元請となる場合は別)


先行手摺。


某ビケ業者では住宅工事等でもお値段据え置きで先行手摺も据え置いているとかいないとか。



作図に辺りあらゆる部材に対応しています。



仮設計画図 平面図



仮設の仕様によっては予算も変わってきますので入念に仕様確認を行い作図にあたります。


体育館 仮設計画図  立面図


校舎棟  仮設計画図 立面図