2013年2月27日水曜日

13兆1000億 補正予算

様々な意見、コンクリートでばら撒きなどといわれていますが、とりあえず建設業は忙しくなりそうです。


予算が正しく使用され、その利益が平等に分配されているかを確かめて欲しいところです。






一気に公共事業が始まると足場業界ではある資材が品薄に…。又は無くなります。


【先行手摺】です。



足場からの墜落災害を防止するためにある非常に優れた部材です。


しかし、地域によっては『需要と供給があっていない』現象が起きてしまっているのも事実です。


先行手摺に止まらず足場材も無い状況が昨年末に北九州で起きていました。



建設業に限らず何事も、『よりスムーズな流れ』が欲しいものです。





着工までの計画 『よりスムーズな流れ』 は



Freedom Design office
Computer aided design specialist

〒807-0876
北九州市八幡西区浅川日ノ峯2丁目8-19

TEL 093-695-3603
Fax 093-695-3604
maill freedom@swan.ocn.ne.jp
web http://www.freedom-design.jp/


















2013年2月26日火曜日

建築工事 設置届け

本日は枠組足場での作成事例。

建築工事での足場です。



計画の段階で敷地条件、搬入条件、構造物条件等で仮設も色々と協議されます。


平面図


枠組(メーターサイズ)での指定です。


落下防止対策は

前踏み 交差筋交い+150mm巾木です。より安全な処置として水平ネットも躯体間毎に設置します。

後踏み 交差筋交い+150mm巾木+メッシュシー(1類)です。

メッシュも様々な種類があり実際に使用するもので確かな検討が必要です。


充実率


充実率によって基本風力係数が求められます。








立面図



断面図

詳細図




Freedom Design office
Computer aided design specialist

〒807-0876
北九州市八幡西区浅川日ノ峯2丁目8-19

TEL 093-695-3603
Fax 093-695-3604
maill freedom@swan.ocn.ne.jp
web http://www.freedom-design.jp/

2013年2月15日金曜日

仮設とは 安全とは

仮設とは一時的にある期間だけ臨時に設置すること。


建物を建てるのに周りを囲っている足場、柵、等です。


他にも色々とありますが。


仮設といえども無くてはならない存在であるわけで、工事では安全を左右する大切なものです。



しかし、このような意見があるのが現実でしょう。

~仮設にお金をかけるのはいかがなものか?~


「住宅の塗装工事の見積もりに【足場工事 一式20万??」 高いよ!
 
「足場屋さん!予算コレしかないからやっといて!!」

無くなるから安くていいんじゃない?ッて思うのでしょうか?



仮設【安全】を妥協、小切ると事故に繋がるとは考えないのでしょうか?


低金額受注→人件費減→労働時間短縮→無理な作業→工事完了   →   低金額受注 …




このようなサイクルになっては事故が起きてしまうような。




っと、足場屋さんを見ていて思った事です。


私は現場がよりスムーズに安全に竣工できるようをComputer aided design specialistとしてお手伝いしています。














Freedom Design office
Computer aided design specialist

〒807-0876
北九州市八幡西区浅川日ノ峯2丁目8-19

TEL 093-695-3603
Fax 093-695-3604
maill freedom@swan.ocn.ne.jp
web http://www.freedom-design.jp/





2013年2月12日火曜日

吊足場 仮設計画図

FreedomDesignOffice CADデータDLページに

【吊足場吊元詳細図】を追加いたしました。



吊足場での仮設計画図にお使いいただけると思います。


DLページリンク





クサビ緊結式足場 作成事例のご紹介

クサビ緊結式足場での設置届申請用の作成事例です。






今回の足場仕様としては

クサビ式 w=600   

手摺は内外(前踏み、後踏み) 各2本ずつ

外側は2類のメッシュシート※地域、設置条件により重要になってくる場合があるので要チェックです。







外側に手摺が2本+メッシュで外側はOK


内側に関しては物の落下防止対策が必要です。


そこで水平ネットを使用したり巾木を使用します。









水平ネット (全層指定か2層毎指定の場合があります。)

巾木     (手摺及び中桟の高さが450mm900mmなので100mm以上あれば問題ありません。)








Freedom Design office
Computer aided design specialist

〒807-0876
北九州市八幡西区浅川日ノ峯2丁目8-19
TEL 093-695-3603
Fax 093-695-3604